バジルを室内で栽培する方法!種まきや虫対策で失敗なしで育てる方法!

63134

最近、屋外や手軽に室内でも家庭菜園をやる人が、結構増えています。

今回はその中でも、初心者の人も簡単に、手間もほとんどかからず、

失敗なしに栽培できるバジルの室内栽培について詳しくご説明させていただきますね。

バジルは繁殖力がとても旺盛で、しっかりと種まき、虫対策のポイントを抑えるとグングン育ちます。

なのでたくさん収穫することが可能です。

それでは、失敗しないために種まき・虫対策についてもチェックしていきましょう!

今回は、記事の後半で、バジルを室内栽培する動画ものせていますので良かったら参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

バジルを室内で栽培する最適な方法とは?

バジルを室内で栽培する方法に、水耕栽培というものがあります。

水耕栽培とは、固形培地を使用しない植物の栽培方法のことです。

水耕栽培は、適度な温度と養分、そして光の3点が最も大切なポイントになります。

必要なもの

  • プラスチックケース
  • バジルの種
  • スポイト
  • スポンジ
  • 半田ごて
  • プラコップ
  • パーミキュライト(もしくは椰子殻)
  • ハイポニカ
  • 洗濯ネット

栽培の仕方

1.種を発芽させる

正方形にカットしたスポンジに種を蒔きます。

スポンジにはこの時十字に切り込みを入れましょう。

それに水を入れた容器に入れ発芽するのを待ちます。

種を蒔いてから3~6日で発芽します。プラコップの底面を丸く切り抜く

側面にも、半田ごてで、いくつか空気穴となる穴を開けておきましょう。

2.ハイポニカ溶液をつくる

ハイポニカ溶液は水耕栽培で最も大切な栄養分です。

ハイポニカはA剤とB剤の二種類があり、500ml×2で1200円程度です。

約1年間持ち、インターネットで購入が可能です。

作り方は2Lの水に対してAの溶液を4ml、Bの溶液を4mlの同量です。

この時ハイポニカを4ml計る時にスポイトを使用すると計りやすいですよ。

3.プラコップに設置する

発芽したスポンジをプラコップの穴にはめます。

パーミキュライト(もしくは椰子殻)を敷いたプラスチックケースの上にプラコップを並べます。

また、パーミキュライトはプラスチックケースの上に敷かず、1つ1つプラコップの中に入れても大丈夫です。

根元がしっかりと固定されるので、安定もします。

4.ハイポニカ溶液を注ぐ

2で作ったハイポニカ溶液をパーミキュライトひたひたに注ぎます。

これで種まきの完了です。日当たりの良い場所にプラスチックケースごと置きましょう。

水耕栽培の大切なポイントである光は、通常、LEDライトを当てて育てるのですが、LEDランプでも代用は可能です。

日当たりが良い場所がある場合は、日光でも大丈夫です。

そして適切な温度は、20~25℃です。

15℃以上で発芽はするのですが、なるべく暖かくなってからの方が、生育も早いので、オススメですよ。

葉が生えてきたら、古い葉から少しずつ食べていくと、1つのカップから2ヶ月以上収穫することができます。

【スポンサードリンク】

虫対策・他の方法!失敗なしで育てるコツ

バジルは香りが強いため、害虫は付きにくいのですが、せっかく育てているのに、害虫が原因で失敗してしまったら残念ですよね。

バジルに発生する害虫は

  • ヨトウムシ
  • メイガ
  • ナメクジ
  • ハモグリバエ
  • アブラムシ
  • ハダニ

と以外にも多いことが分かります。

ヨトウムシ・ナメクジ

元々土の中や葉にいない限りは発生は少ないです。

水耕栽培は土を使用しないので、こちらは心配ありません。

ハダニ

葉水(シリンジ)といって葉の表面や裏側に霧吹きをして、乾燥を防ぎ対策をしましょう。

ハモグリバエ

キッチンなどで生ゴミを長時間放置しないようにしましょう。

アブラムシ

苗で購入する際に、よく確認しましょう。

野菜などに散布して大丈夫な対策用の殺虫剤を使用しましょう。

こちらも水耕栽培なら心配はいりませんね。

他にも、虫対策として挙げられるのは、ケースごと洗濯ネットで全体を覆い虫をガードする方法もあります。

そしてさらに簡易的な方法もあります。

ペットボトルを利用した水耕栽培

<必要なもの>
スーパーで購入したバジル・空のペットボトル・スポンジ・ハイポニカ・ビン

<栽培の仕方>
スーパーで売られているバジルの茎を斜めにカットします。

カットしたバジルをビンに水を入れ、つけます。

数日で根が生えてきます。

根が伸びてきたら、空のペットボトルにスポンジで固定したバジルを入れて、ハイポニカで育てましょう。

★根が生えてくるまでは毎日水を交換してくださいね!

お茶パックを利用した水耕栽培

<必要なもの>
お茶パック・パーライト・バジルの種・プラスチック容器

<栽培の仕方>
お茶パックの中にパーライトという石を入れます。

パーライトは、ホームセンターなどで購入することができます。

種を5粒程パラパラと入れて、お茶パックをプラスチック容器に並べ、水をはります。

一週間ほどで発芽します。

水耕栽培は、基本的に、養液と根が生やせる場所、固定できる部分があれば、どんな容器でも大丈夫です。

また1つのプラスチックケースでいろいろな種類の野菜を一緒に育てることも可能ですよ。

根がお互い絡み合わないようにしましょう。

いかがでしたか?

バジルはトマトやにんにく料理との相性抜群で、使いたい時に少しあったりすると、とても便利ですよね。

バジルには栄養価も非常に豊富です。

※バジルの栄養価と効能とは?驚くべき効果があった!

【スポンサードリンク】

そして初心者の方にも気軽に始められることができるので、ぜひみなさんも挑戦してみてくださいね!

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月7日
最終更新日:2016年7月25日

カテゴリー:ハーブ系の調味料

サブコンテンツ

このページの先頭へ