きび砂糖が危険と言われている理由とは?


kibizatou

白砂糖が身体に良くないといわれている中、白砂糖の代わりに使うと良い印象のあるきび砂糖。

『きび砂糖が危険』とは、どういうことでしょうか?

『きび砂糖の危険性』について、お伝えしていきます。

【スポンサードリンク】

きび砂糖の危険性

きび砂糖が、体に与える悪影響を見ていきましょう。

きび砂糖が体に与える危険性

  • 生活習慣病
  • 虫歯
  • 中毒性

【生活習慣病】 

きび砂糖も糖分ですので、カロリーは高いです。そのため、摂取量が増えると、肥満の原因となり、やがては、糖尿病をはじめとする生活習慣病を引き起こす要因となります。

【虫歯】

砂糖は、エナメル質や象牙質など、歯を破壊する酸を生成する材料になりますので、きび砂糖でも同じです。

そして、虫歯菌は、唾液の分泌量が少ない睡眠中などに活動するので、きび砂糖でも、糖分が歯に付着した状態で眠ると、虫歯になる危険性がとても高くなります。

【中毒性】

砂糖の甘味成分は、ドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質の分泌を促します。

簡単に言うと、ドーパミンはヤル気が出る快楽物質、セロトニンは幸せ伝達物質です。

そのため、これらの神経伝達物質がたくさん分泌されるようになると、ヤル気や幸せを感じるために、また欲しくなります。

このように砂糖には中毒性があり、一度摂取すると、また次、また次と欲しくなり、その結果、砂糖の摂取量が増えてしまうということになるのです。

【スポンサードリンク】

きび砂糖は危険なだけなの?

危険性を見ていくと、きび砂糖をはじめとする砂糖は、摂取を控えるほうが良いように思うかもしれませんが、そんなことはありません。

スイーツを食べると、快楽や幸せを感じられるので、ストレス解消になります。

砂糖の中毒性もあり、ついつい食べてしまったり、簡単なストレス解消法として、甘いものに手がのびてしまったりするので、砂糖の摂取量は増えてしまいます。

ストレス社会では、ついつい砂糖の摂取量が増えてしまうということが、一番の問題なのです。

砂糖を適量摂取したときの効果

  • エネルギー補給
  • 神経伝達物質の分泌が促進される
  • 体内で早くエネルギーに変わる

砂糖はカロリーが高く、早く吸収されるので、エネルギーが補給され、素早く活用されます。

神経伝達物質がたくさん分泌され、ヤル気や幸せを感じるのは、とても良いことです。

きび砂糖も摂りすぎには充分気を付け、適量摂取を心掛けると、危険性はぐんと減るのです。

砂糖の種類

砂糖は、大きく分けると2種類あります。

砂糖の種類

  • 甜菜糖
  • 甘蔗糖

【甜菜糖】

甜菜(てんさい)糖は、別名をビートと言って、砂糖大根から作られます。

日本では、北海道で生産されているように、寒冷地の植物ですので、甜菜糖は『体を温める』作用があります。

【甘蔗糖】

甘蔗(かんしょ)糖は、きび砂糖のことです。

原料はサトウキビで、日本では、沖縄や鹿児島の一部で栽培されています。熱帯地域の植物ですので、サトウキビから作られる砂糖は『体を冷やす』作用があります。

日本をはじめとする東アジア、東南アジアでは、甘蔗糖(きび砂糖)が一般的ですが、世界的には、甜菜糖の方が多数を占めます。

良い砂糖と危険性が高い砂糖

【良い砂糖】

  • 黒砂糖
  • きび砂糖
  • てん菜糖
  • メープルシロップ
  • はちみつ

茶色っぽい色をしている精製されていない砂糖は、比較的ゆっくりと消化・吸収されるので、血糖値の上昇も緩やかです。

精製されていないため、ビタミンやミネラルなどの栄養素が残っています。

しかし、その量は微量ですので、一日のミネラルを砂糖で補給しようとすると、砂糖による危険性が高まりますので、注意しましょう。

【危険性が高い砂糖】

  • 白砂糖(上白糖)
  • グラニュー糖
  • 白双糖
  • 三温糖

精製された純度の高い砂糖は、消化・吸収が早く、血糖値が急激に上がります。それを下げようとインシュリンが出て、急激に血糖値が下がり、下がりすぎると危険なので、また急に上がるというように、血糖値が乱高下します。

この血糖値の乱高下が、キレやすい原因にもなりますし、血糖値が下がりすぎると、低血糖症になる危険もあります。

三温糖

これまで、三温糖は、白砂糖より自然に近く、健康に良いとされてきましたが、それは誤解です。

三温糖は、白砂糖やグラニュー糖などの精製糖を作った残りの砂糖液を結晶化させたものなので、成分は、白砂糖とほぼ同じです。

茶褐色なのは、精製過程で加熱したときに着いた色なのです。

【スポンサードリンク】

記事公開日:2016年7月12日

カテゴリー:砂糖系の調味料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − three =

サブコンテンツ

このページの先頭へ