コンソメの代用に鶏ガラや和風だしは?コンソメがない時の代用品!

961d2fdcb3890650a4ea15fc04a7d82f_s
今日は洋風の汁物料理を作ろうと思っていたのに、使おうと思ったらコンソメが無くなっていた!

我が家では良く買い忘れてこのような事態に陥ってしまいます。

そこで、コンソメがないときに代用ができればバッチリですよね。

思いつく代用の物といえば、鶏ガラスープの素や和風だしなどでしょうか。

そこで今回は、『汁物を作っていてコンソメがなかったときの代用について、鶏ガラや和風だしでも美味しく作るコツ』をご紹介します。

また鶏ガラと和風だしのおすすめも同時にご紹介しますよ!

【スポンサードリンク】

コンソメがない時の代用は?

玉ねぎや人参、キャベツなどを煮込んでポトフにしようと思っていたのに味をグッと本格的にするコンソメがない!

そんなときに代用となるスープの素は鶏ガラや和風だしになりますが、元々は洋風の料理を作るために材料を煮込んでいたのに変にならないかな?と心配になりますよね。

でも実はそれぞれ代用のものに置き換えて、あるものをちょい足ししてしまえば別の料理に早変わりしてしまうのです!

鶏ガラを入れた場合は?

コンソメの代わりに鶏ガラスープの素を入れた場合は、洋風から中華風に味付けが変わります。

そのために、ちょっと隠し味に生姜チューブを入れて酒と醤油を加えて再び野菜を煮込んで最後は卵でとじれば、中華風野菜スープのできあがりです!

お餅を入れてお雑煮風にするのもアリですよ!

わたしはちなみに中華風の味付けにするときは鶏ガラと「創味シャンタンDX」という高級中華スープの素を混ぜるようにします。

この調味料を足すだけでお店のような本格的な味がつくれますよ!

和風だしを入れた場合は?

和風だしを入れた場合は、味噌を加えて野菜たっぷりのお味噌汁に変身させてしまいましょう!

お味噌汁ならどんな野菜が入っていてもそこまで違和感はありませんし、誰でも美味しくいただくことができます。

現にわたしも良くカレーを作ろうとしてコンソメが無いことに気付いて、方向転換して味噌汁にしてしまうことが多々あります。

カレーもコンソメがないと、どうにも味が物足りないんですよね。

我が家がピンチのときに活用している、それぞれの調味料のちょい足し術、よろしければ参考にしてみてくださいね!

【スポンサードリンク】

鶏ガラスープの素でおすすめなもの

鶏ガラスープの素のように中華風の味付けにしたいときにおすすめなのが、ダントツで「創味シャンタンDX」です。

この調味料ひとつあれば、もう中華風スープや炒め物は味が完成してしまうほどの美味しさです。

高級中華スープの素と謳うだけあってお値段がちょっと高めなのですが、使うのはほんの少しずつなので意外とコスパが良いのです!

今までいろんな人に勧めているので、ここでもご紹介させてもらいました。

おすすめは鍋にお湯を入れて創味シャンタンDXを適量入れて沸騰させたまま溶き卵をふわっと落として作る卵スープです。

最後に片栗粉でトロミをつければもう立派な中華スープのできあがりです!

鶏ガラとホタテなどの魚介の旨味が広がって、とても短時間で作れるとは思えない味に仕上がりますよ!

和風だしでおすすめなもの

続いて和風だしでおすすめなのが王道の、味の素「ほんだし」とヤマキの「鰹節屋のだしパック」です。

和風の味付けの炒め物などにはほんだしの顆粒を使って手軽に味付けをして、煮物やお味噌汁などの汁物にはだしパックを使用するなどして使い分けをします。

だしパックは無添加のものも多く販売されているので、より優しい味わいで塩分量など健康に気を使っている人にはぴったりです。

わたしも主に炒め物や少量の料理にはほんだし顆粒を、そして煮物などの汁物や子供の離乳食にはだしパックを使って、用途により使い分けています。

どちらも普段使いで気軽に使えるところが嬉しい調味料ですよね。

コンソメがなくても代用となる調味料はたくさんあります!

【スポンサードリンク】

この際ピンチをチャンスに代えて、鶏ガラや和風だしを使った新たな料理にチャレンジしてみてはいかがですか?

合わせて読みたい記事

The following two tabs change content below.
調味料の百科事典

調味料の百科事典

お料理が大好きで、『食』の資格としましては、日本食育協会認定 食育指導士、日本はちみつマイスター協会認定 はちみつマイスター、Kushi Macrobiotics International認定 マクロビ・フード・コンシェルジェ等を取得しております。また、H23~24年日本豆乳協会 豆乳アンバサダーもさせて頂きました( レシピコンテストの受賞経験も幾度かございます)

記事公開日:2016年4月22日
最終更新日:2016年5月22日

カテゴリー:だし系の調味料

サブコンテンツ

このページの先頭へ