氷砂糖は健康にいいの?効果やカロリーについて!

koorizatou

その昔、あまり物がなかった時代には、おやつ代わりになめたりしていた氷砂糖。

割と身近な食材でしたが、今では、果実酒やシロップを作らない限り、氷砂糖とはあまり縁がないかもしれません。

白砂糖は、あまり健康に良くないと聞こえ始めていますが、それでは、氷砂糖の効果はどうなのでしょうか?

氷砂糖も砂糖なので、カロリーは高いのでしょうか?

あまり知られていない『氷砂糖の効果』『砂糖のカロリー比較』についてお伝えします。

【スポンサードリンク】

氷砂糖の効果

氷砂糖の3つの効果

  • 疲労回復
  • 精神安定
  • 渇きを潤す

【疲労回復】 

氷砂糖は、体内で吸収されやすく、すぐにエネルギーに代わるので、運動後などの疲労回復に適しています。

また、脳は、糖分だけがエネルギーとなりますので、仕事や勉強をするときに氷砂糖をなめると、脳の働きが良くなります。

【精神安定】

氷砂糖の主な栄養素の糖分は、セロトニンの産生を促します。

セロトニンとは、脳の活動に必要な物質で、気持ちを静める効果があります。

そのため、氷砂糖を摂ることで、不安な時などの精神を安定させたり、イライラを緩和したりする効果があります。

【渇きを潤す】

氷砂糖を飴のようになめることで、口やのどの渇きを潤すことができます。

いつ、どんな災害が起こるかわからない昨今ですので、非常食として準備しておくと良いです。

氷砂糖は、スッキリした甘さで、後味も良く、唾液の分泌を促進すると同時に、空腹もすこしは満たしてくれるでしょう。

砂糖のカロリー比較

氷砂糖は、99.9%がショ糖の、無色透明の結晶で、とても純度の高い砂糖です。

不純物がほとんどないので、すっきりと、優しい味わいです。

体内に入った氷砂糖は、ショ糖がブドウ糖と果糖に分解されて、ブドウ糖は脳のエネルギーとして、果糖は体を動かすエネルギーとして使われます。

氷砂糖のカロリー(100g中)を、その他のいろいろな砂糖(100g中)と比較してみていきます。

砂糖のカロリー

  • 氷砂糖
  • 黒砂糖
  • 上白糖
  • グラニュー糖
  • 三温糖

【氷砂糖】

387kcal。100g中99.9gがショ糖。

純度の高い、無色透明の結晶です。

【黒砂糖】

354kcal。100g中80gがショ糖。

ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

【上白糖】

384kcal。100g中97.8gがショ糖。

一般的には、白砂糖と言われます。サラサラになるように加工されています。

【グラニュー糖】

387kcal。100g中99.9gがショ糖。

氷砂糖は、グラニュー糖を水に溶かしてろ過した後、結晶化するので、成分はほぼ同じです。

【三温糖】

382kcal。100g中96.4gがショ糖。

上白糖の残りの糖液から作られますので、ミネラルなどを含みますが、微量なので、あまり影響はありません。

【スポンサードリンク】

氷砂糖と健康

果物に含まれる果糖は368kcal(100g中)、点滴などに使われるブドウ糖は335kcal(100g中)ですので、氷砂糖の387kcalは、カロリーが高めなことが分かります。

疲労回復や気持ちを落ち着かせる効果のある氷砂糖ですが、摂りすぎると、中性脂肪を合成し、肥満の原因となりますので、注意が必要です。

氷砂糖の種類

氷砂糖の2つのタイプ

  • ロックタイプ
  • クリスタルタイプ

【ロックタイプ】

自然に結晶化した氷砂糖で、ひと粒ひと粒、形が違います。クリスタルタイプより水に溶けやすいので、漬け込む時間が短いシロップ向けです。

【クリスタルタイプ】

十六面体の綺麗な結晶の氷砂糖です。ロックタイプより、ひと粒の大きさは小さめですが、粒の大きさは揃っていますので、見た目に美しいです。

氷砂糖を使ったおすすめレシピ

一番よく知られているのは、梅酒や梅シロップなどの、果実酒やシロップです。

梅以外にも、様々なフルーツで作れますので、春にはイチゴ、夏にはモモやスイカ、秋には柿、冬にはリンゴなど、季節のフルーツを使って、一年中楽しめます。

果実酒には、焼酎やブランデーがよく使われますが、ラム酒やワインなどお好きなお酒で作ってみても面白いですね。

出来上がるまでに少なくとも3カ月以上、飲み頃には半年以上かかる果実酒に比べて、シロップなら氷砂糖が解ける1~2週間ほどで、飲むことができます。

また、お酢を加えてフルーツ酢を作るのもおすすめです。

【スポンサードリンク】

お酢は、ビタミンやミネラルなど栄養素の吸収を補助しますので、ジュースや炭酸飲料を飲む代わりに作ってみられてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年12月3日

カテゴリー:砂糖系の調味料

サブコンテンツ

このページの先頭へ