味噌汁1杯のカロリーとは?豆腐・わかめ・大根・じゃがいもなどの具沢山味噌汁は太る?


utinohourenso

日本の朝に欠かせない味噌汁『体にいいけど、カロリーってどの位かな?』

ダイエット中にふと思った事はありませんか?

豆腐とわかめ、大根などヘルシーな味噌汁と、じゃがいも等の具沢山味噌汁とは1杯のカロリーが当然違いますよね。

それでは具沢山の味噌汁は太る原因になるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

まずは味噌汁一杯のカロリーは?

具の入っていない味噌汁は1杯約41kcal(赤味噌は15kcal)

魚系のだしと味噌だけなので以外に低カロリーです。これに豆腐、わかめ、大根など具を入れると・・・?

乾燥わかめ 2g 3kcal

ほうれん草 20g 4kcal

しめじ 25g 5kcal

絹ごし豆腐 30g 17kcal

じゃがいも20g 15kcal

さといも 25g 15kcal

玉子1個 50g 82kcal

味噌汁の具によく使われている具材と、1杯あたりの分量とカロリーです。

じゃがいも等いも類は若干カロリー高めですが、腹持ちが良くすぐエネルギーになるので朝食にオススメです。

意外?具沢山味噌汁はダイエットの見方!

具沢山味噌汁は太る?・・・「いいえ、太りません!」むしろ味噌汁はダイエットにぴったり!

1杯でたくさんの栄養が摂れて満腹感も得られますし、味噌は発酵食品なので乳酸菌が含まれています。この乳酸菌が腸の中で善玉菌になる為、腸内環境が整えられお通じも期待できます。

具沢山にすると立派なおかずになり、野菜やきのこなどをたくさん入れて食べれば満腹になり、腸内もスッキリできます。

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は女性ホルモンと近い働きをする為、更年期障害のほてり、のぼせ等にも効果が期待されています。

塩分が気になる方も、野菜や海がをたくさん入るとカリウムが塩分を排出する働きをしてくれるので安心です。

【スポンサードリンク】

今大注目!「味噌汁ダイエット」

密かなブームとなっている「味噌汁ダイエット」は日本人にぴったりのダイエット法です。

味噌汁なので基本的にリバウンドがしにくく、体も温まり代謝がUPします。

方法は簡単、具沢山味噌汁を毎日飲むだけ。そのポイントをご紹介します。

具沢山みそ汁ダイエットのポイント

・食事の最初に味噌汁を飲む。(満腹感がありドカ食いを防ぐ)

・具沢山にすると、1杯でも満足感が得られます。

・1日1食、朝食か夕食と置き換えてもOK。

・具はキノコ、こんにゃく、海草、豆腐、大根、などローカロリーなものに。

・体に良くても飲み過ぎれば塩分の摂り過ぎになるので1日1、2杯にしましょう。

・朝は赤味噌、夜は白味噌がオススメです。赤味噌には代謝を上げ交感神経を活発にする働きがあるので、朝に飲むと1日代謝よく過ごせます。

・白味噌には空腹感を抑えるGABAが多く含まれるため、夜に飲むと効果的です。

体にいいのは分かるけど、毎日具沢山の味噌汁は作れるかな・・・?

ぜひやってみたい!でも忙しいし、長く続けられるかな・・・?そこもポイントがあります。

・タッパーに食材を食べやすいように切って冷蔵庫に保存。(スライサーで細切りにすると簡単。火の通りもよく早く作れます。)

・乾燥わかめ、カット野菜等を使えばカットの手間もなく手軽に作れます。

・お肉やつみれ等を入れればメインにもなるので1杯で栄養バランスも摂れます。

・夕食時に朝の分も作っておくと時間がない朝も大丈夫。

・フリーズドライのお味噌汁をまとめ買いするのも手です。

・ダシ入りの味噌が売っているので、お料理が苦手な方にオススメです。

まとめ

いかがでしょうか?

日本で長く愛されてきた国民食、味噌汁はダイエットや健康面でも効果が期待できます。具材も旬の野菜や豆腐、大根だったら安く手に入りやすくて無理なく続けられますよね。

ぜひ日常に取り入れてみて下さい。

【スポンサードリンク】

記事公開日:2016年5月22日

カテゴリー:味噌系の調味料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 6 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ