ベーキングパウダーの小さじ一杯の重さは何グラム?糖質やカロリーもご紹介!

ベーキングパウダーはお菓子作りやパン作りなどに良く使われるもので、常備していて頻繁に使う方であればどんな働きをするものであるかはもちろんのこと、大体どのぐらいの量を使うとどんな仕上がりになるかぐらいまではご存知かと思います。

しかしそんな良く使う方でも小さじ一杯で重さが何グラムになるのかや、ベーキングパウダーの糖質やカロリーについては意外とご存知ない方が多いもの。

そこで今回はそんなベーキングパウダーの意外と知らない小さじ一杯の重さや成分についてなどをご紹介した『ベーキングパウダーの小さじ一杯の重さは何グラム?糖質やカロリーもご紹介!』と言う記事を書かせていただきました。

ベーキングパウダーが実はこんなものだと言うことご存知でしたでしょうか?

【スポンサーリンク】

ベーキングパウダーとは何か?

まずは初歩の初歩であるそもそもベーキングパウダーとはどんなものなのかを簡単にご説明させていただきます。

一言で言うとベーキングパウダーとは「ふくらし粉」とも呼ばれるように、パンやお菓子などの生地を膨らませるための添加物です。

ベーキングパウダーが生地を膨らませる原理は実はとても単純で、水と混ざり、加熱することで炭酸ガス(二酸化炭素)を発生させ、生地の内部に気泡を作り出すと言うもの。

このように中に空気が内包されることで生地の中には隙間が出来、その分体積が増えますからその分膨らむと言うわけです。

他にもベーキングパウダーの主成分である重曹や発酵させることで炭酸ガスを発生させるイースト菌など生地を膨らませる作用を持つ添加物を使ったり、空気を生地の中にうまく取り込む技術があれば、ベーキングパウダーは絶対に必要なものでこそありませんが、「キレイに膨らませる」ために色々と調整がなされており、最も簡単で時間をかけることなく生地を膨らませることが出来ることが強みです

また一部では危険なものだと言う話もあるのですが、実際の所そこまで他の食品添加物と比べて注意が必要と言うほどのものでもなく、一回の料理で使う量も非常に少量であるため、規定通りの量を使えば人体に害になる可能性は非常に低く、むしろ砂糖やマーガリンなどの使い過ぎの方が健康のために気をつけたほうがいいぐらいです。

ベーキングパウダーの危険性については別記事のベーキングパウダーが危険と言われている理由とは?で詳しくご紹介させていただいております。

より詳しく知りたい方や、興味がある方はそちらも是非御覧ください。

ベーキングパウダーの成分について

ベーキングパウダーがどんなものかを説明させていただきましたので、続いてベーキングパウダーにはどんなものが使われているのかを簡単にご紹介させていただきます。

まずベーキングパウダーならば必ず使われているものがありまして、それが主成分となっている炭酸水素ナトリウム、重曹です。

これこそが炭酸ガスを生み出す元であり、和菓子を作る時など料理によってはベーキングパウダーではなく、これだけを使用することもあります。

しかしこの重曹はそこそこ強いアルカリ性を持っており、独特の臭いと苦味を料理につけてしまったり、生地に黄色っぽい色をつけてしまうので、こうしたデメリットを打ち消すためにベーキングパウダーには助剤(酸性剤)と分散剤(遮断剤)と言う別の成分が含まれています

助剤または酸性剤とは、アルカリ性の成分を中和し、重曹が料理に与えるデメリットを消したり、重曹の炭酸ガスの発生する温度やスピードを上げるものであり、クエン酸、第1リン酸カルシウム、焼きミョウバンなどが主に配合されています。

もう一つの分散剤または遮断剤とは、アルカリ性の重曹に酸性の物が混ざると直ぐに化学反応を起こしてしまうため、その科学反応がすぐ起きないようにそれぞれが混ざらないようにするものです。

これは主にデンプンがその役割を果たすため、コーンスターチや小麦粉が配合されていることが多いです。

この他にも製品によっては香料などが使われているものもあるようですが、主にこの

  • ガス発生剤(重曹)
  • 助剤または酸性剤
  • 分散剤または遮断剤

の三つがベーキングパウダーの成分となっております。

ただし何種類もあるベーキングパウダーのどれに具体的な成分として何が使われているのかは一つずつ商品の成分表を確認しないとはっきりとは言えませんので、何らかのアレルギーをお持ちの方は、ベーキングパウダーによってはアレルゲンとなるものが使ってあるかもしれないと言う気持ちで毎回確認することをおすすめします

ベーキングパウダーの「量」について

ベーキングパウダーに限ったことではありませんが、料理をする時は参考にするレシピによって「どれほどの量を使えばいいのか?」の表記が違うことがあるもので、料理しなれていない方にはこれが面倒に思うこともあるでしょう。

例えば「小さじで~杯」と書いてあるレシピもあれば、「~グラム」と書いてあるものもありますし、中には「少々」なんて表記の時もあったりします。

しかしウチには大さじも小さじもないとか、計量すらための秤がないと言うご家庭もあるでしょうし、少々なんて曖昧すぎると言う方だっているでしょう。

その為そうした時のために大体小さじ一杯の重さが何グラムになるのか?と少々とは実際どのぐらいの量を指しているのかをご紹介させていただきます。

まず一杯あたりの重さですが、小さじ1杯は約4g、大さじ1杯は約12gだと思ってください。

より細かいことを言いますとベーキングパウダーは色々な材料を混ぜて作られている混合型の添加物なので、作っている会社によって実際に細かく計ると違いがあるのですが、概ねこの割合が基本ですので小さじや大さじしかないとか、秤しかないと言う方は参考にしてみて下さい。

続いて料理のレシピに良く登場する普段料理をすることがない人泣かせの「少々」についてですが、このことにつきましては、世の中のあらゆるレシピの統計を取った結果と言うわけではございませんので、そこまで精度の高いものではないのですが、ベーキングパウダーの場合は「少々」と言えば基本的に小さじ半分以下、グラムで言うと2gのことが多いです

その理由は基本的にどのレシピについてもベーキングパウダーについて「少々」が使われる場合は、「なくても問題ない」ぐらいのときに使われる場合が圧倒的に多く、そこまで膨らむことが重要ではない料理の時に多いからです。

その為しっかりと卵白を泡立てたり、空気の層を作るように生地を捏ねたりするようにすればそれで十分ですので、もし「少々」の表記がレシピにあった時、そのためだけにベーキングパウダーを買おうと言う方は無しで作ることも出来ると覚えて置いてください。

普段から料理を全くしない方のために一応書かせていただきますが、何を計るのかで小さじや大さじ1杯の重さはかなり変わります。ここでご紹介している重さはあくまでベーキングパウダーについてのものだということだけは予めお断りさせていただきます。
では重さについてご紹介させていただきましたので、次はより知らない人が多いベーキングパウダーの糖質やカロリーについてご紹介させていただきます。

【スポンサーリンク】

ベーキングパウダーの糖質やカロリーについて

基本的にベーキングパウダーはかなり少量料理に使うものなのでそこまで糖質やカロリーを気にする方はいないかと思うのですが、例え少量でもしっかりと気にしている人のためにここでは糖質やカロリーについてご紹介させていただきます。

また既にご紹介しましたが、ベーキングパウダーは色々な材料を混ぜて作られている混合型の添加物なので、作っている会社によって多少違いはあると思ってください

ベーキングパウダーのカロリーについて

結論から言いますとベーキングパウダーは100gで130kcalぐらいです。

主に使う粉類の中で最も高い小麦粉が100gで368kcalですから高いとは言いがたいぐらいのカロリーです。

また一度に100gも使うことは絶対にありえませんので、ベーキングパウダーのカロリーは実質もっと少なくなります

具体的に主に良く使う程度の分量でカロリーを見て見ますと、小さじ1杯( 4g)=5kcal、大さじ1杯(12g)=15kcalが大体のカロリーです。

その為細かくカロリーを気にする人であってもほぼ誤差の範囲ですから、ベーキングパウダーが使ってあるかどうかをあまり気にするほどの数字ではないと思ってください。

では次はカロリーに続いてダイエットをする方が気になる糖質についてをご紹介します。

ベーキングパウダーの糖質について

結論から言いますとベーキングパウダーは100gで29.0gの糖質だと思ってください。

主に使う粉類の中で最も高い小麦粉が100gで73.4gの糖質ですからカロリーと同じく低くはないのですが高いとは言いがたいぐらいのカロリーです。

カロリーのときと同じく小さじ大さじあたりの糖質量を見てみると小さじ1杯( 4g)=1.3g、大さじ1杯(12g)=4gぐらいが大体の糖質でして、ベーキングパウダー小さじ1杯使わなくとも、砂糖1gが増えただけで同じぐらいの糖質は増えてしまいますから、やはりこちらも細かく糖質の計算をしている方にとっても殆ど気にしなくても良いぐらいのものです。

以上、ベーキングパウダーについての細かな特徴についてでした。

意外と知っておくと役に立つこともありますので頭の片隅にでも是非置いておいてください。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 11 =