酢ダイエット効果のデメリットとは?メリットだけ知っているのはNG

お酢は体によく、ダイエット効果もあるとされ、酢ダイエットも流行っていますね。

しかし、酢ダイエットは、どれくらい効果があるのでしょうか?

デメリットはないのでしょうか?

酢ダイエットの効果やメリットばかりでなく、デメリットも知っていないと、逆効果になりかねません。

健康やダイエットのためにも、酢ダイエットを正しく行うための方法とメリットをお伝えしてきます。

【スポンサーリンク】

酢ダイエットの方法

酢ダイエットは、食後にお酢を飲むだけなので、簡単に始められます。

毎食後10ml(大さじ3/2)もしくは、夕食後に15ml(大さじ1)のお酢を飲むだけです。

酸っぱいのが苦手で、飲みにくいという方は、牛乳や野菜ジュースなどに混ぜると、飲みやすくなります。

どうしても飲めないなら、サラダドレッシングにして、摂取すると良いでしょう。

お酢には、クエン酸やアミノ酸など60種類以上の有機酸が含まれています。

クエン酸は、脂肪をエネルギーに変えてくれますし、アミノ酸は、脂肪の分解を助けます。

また、食後にお酢を飲むことで、血糖値があがるスピードを緩やかにし、脂肪が溜まりにくくなります。

ダイエット効果を得たいなら、合成酢より醸造酢のほうが、アミノ酸が多く含まれているので、表示を確認することをおすすめです。

酢ダイエットの効果

お酢を飲むことで、腸内環境が整えられるので、便通が良くなります。

また、新陳代謝も良くなるので、冷え性が改善し、美肌効果や血液がサラサラになったりします。

さらに、お酢の利尿作用によって、むくみが解消します。

そのため、便秘がちの方や、むくみやすい方は、溜まっているものが出ていくので、結果として、ダイエットの効果があります。

けれども、酢ダイエットとは言うものの、残念ながら、効果があったという口コミは少なく、ダイエットの効果はあまり期待できないようです。

ただ、黒酢を飲んだ方は、ダイエット効果があったとの口コミが多いので、ダイエットには、黒酢をおすすめします。

また、ウォーキングなど有酸素運動をするときに、お酢を飲むことで、脂肪燃焼効果がアップし、ダイエット効果が高まるというメリットがあります。

さらに、運動後に飲むことで、疲労回復を早めるので、疲れにくくなります。

お酢でダイエット効果を得たいなら、メリットがたくさんある運動と組み合わせるのが良いですよ。

【スポンサーリンク】

酢ダイエットのデメリット

ダイエット効果以外に、いろいろメリットがありそうな酢ダイエットですが、デメリットはないのでしょうか?

お酢は、食欲を増進させる効果があります。

そのため、食前に飲むと食事量が増えて、ダイエットどころか、逆効果になってしまいます。

最近では、飲みやすいように、ドリンクタイプのものもありますが、糖分などが多く含まれているので、こちらも、飲みすぎると逆効果です。

また、お酢は、酢酸といって、酸性が強い食品です。

刺激が強いので、空腹時に飲むと腹痛を引きおこすかもしれません。

飲み続けると、酸によって、歯が溶けてしまう危険性もありますので、飲むときには口全体に広げず一気に飲むこと、飲んだ後には、口をすすぐようにしましょう。

一番ダイエット効果が期待できそうな黒酢は、くせがあり、飲みにくいのが難点です。

はちみつやバナナと一緒に取る方法もありますが、ダイエットの際には、糖分の摂りすぎが、気になりますね。

酢ダイエットは、よく調べず、「飲むだけで簡単♪」と始めてしまうと、メリット以上の思わぬデメリットがありますので、注意が必要です。

いかがでしたか?

酢ダイエットは、飲むだけでは、あまりダイエット効果は期待できませんが、運動と組み合わせることで、相乗効果が得られます。

ダイエットより、美容効果のほうが期待できるかもしれません。

また、デメリットもありますので、酢ダイエットの方法をしっかり守って、毎日続けることが、大切ですね。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 1 =