マヨネーズが太るのは嘘?原因を追究!

ダイエットをするとき、太らないためにマヨネーズなど油物を控えますよね。

けれども、最近は、それが嘘の情報で、太る原因はマヨネーズなどの油や脂質ではないことがわかっています。

それでは、なぜマヨネーズで太るといわれていたのでしょうか?

『マヨネーズで太るといわれる原因』について、お伝えしていきます。

【スポンサーリンク】

マヨネーズで太るといわれる原因

油脂など脂質は高カロリーなので、『太る食べ物』とされてきましたが、本当は、そうではありません。

カロリーは高いのですが、摂取した脂肪がそのまま体脂肪になるのではないのです。

マヨネーズのカロリーは、大さじ1で100kcalあります。マヨネーズ大さじ2杯は、お茶わん一杯のごはんとほぼ同じです。

そう考えると、やっぱり「太りそー。」と思いますので、そもそもマヨネーズが何で出来ているのか、見ていきましょう。

マヨネーズの原料

  • 卵黄

【油】

マヨネーズには、サラダ油などの油分がが多く使われているので、カロリーが高く、太りやすいと思われています。

しかし、カロリーが高いということは、少量でお腹が膨れるということでもあり、脂質や油分のほうが腹持ちも良く、お腹が空きにくいのです。

ダイエット中に、油を摂る量を減らしたり、全く摂らなかったりすると、すぐにお腹が減ってしまい、食事制限をすることに失敗しやすくなります。

また、油を摂らないと、便秘がちになります。

油は、摂るか摂らないかより、その質のほうが大切です。

最近は、エゴマ油や亜麻仁油、ココナッツオイルなど、さまざまな種類の油が身体に良いとされ、スーパーでも見かけるようになりましたが、その質によっては、期待するほどの効果が得られないこともあります。

さらに、油には、太る作用はありません。

それどころか、油は、栄養素をスムーズに吸収し、身体に良くない成分は排出してくれるとても優れたものなのです。

【卵黄】

マヨネーズには、卵黄が含まれていることもあり、たんぱく質を多く摂ることになります。

そのため、油脂とたんぱく質が合わされることで、太る原因とされてきました。

しかし、これが脂肪細胞に蓄えられるのではないので、マヨネーズには、太る作用はないのです。

【酢】

酢には、クエン酸やアミノ酸が含まれていて、クエン酸は、脂肪をエネルギーに変えてくれますし、アミノ酸は、脂肪の分解を助けますので、ダイエットには最適です。

【塩】

むくみの生活習慣病の原因になることが、よく取り上げられますが、塩は私たちの生命を維持するのに欠かせないものです。

漢方では、体を温めたり、解毒作用があるとされていますので、摂りすぎなければ、とても体にいいものなのです。

【スポンサーリンク】

マヨネーズは、低GI食品

マヨネーズは、意外かもしれませんが、低GI食品です。

ダイエットされている方にはおなじみだと思いますが、カロリーよりGI値を気にして、食べるものを選ぶ方が良いとされています。

GI値というのは、血糖値の上がりやすさを数字で表したもので、GI値が高いほど、吸収されるスピードが速く、血糖値が急上昇します

そのため、GI値が高い食品は太りやすいので、GI値が低いマヨネーズは、太りにくいと言えるのです。

なぜマヨネーズで太るの?

それでも、太っている人の食生活には、マヨネーズが欠かせない印象がありますよね。

それは、私たちの食生活が、炭水化物メインになっているからで、現代人は、炭水化物を摂りすぎている傾向にあります。

マヨネーズは、それ単体では太るものではありませんが、炭水化物と一緒に食べることによって太ってしまいます。

しかも、本当の肥満の原因は、炭水化物(糖質)で、マヨネーズに多く含まれている油は、栄養素の吸収を良くしてくれますので、一緒に食べると、炭水化物を『効率よく』吸収してしまうので、太ってしまう結果となるのです。

マヨネーズとサラダはOK!

通常の食事でも、炭水化物過多なので、そこにマヨネーズを摂取すると太りやすくなります。

しかし、マヨネーズは太る原因とはなりませんので、野菜サラダとマヨネーズなら太りません。

ただし、ポテトサラダやマカロニサラダなど、炭水化物が入ったものもありますので、「サラダだから大丈夫」と思わず、注意しましょう。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × three =