フェンネルシードの効能と相互作用!口臭予防や腫れ目、肌の老化防止に効果大?

フェンネルシードと言うものをご存知ですか?

日本ではまだそんなに馴染みがないですが、少し前からアメリカでその効能に注目が集まり、だんだんと日本でも知られ始めたものなのですが、実はこのフェンネルシードのフェンネルと言うものは古くから薬やスパイスとしても用いられてきたものでご存知の方もいるかもしれません。

しかし名前は知っている人は少なくなくとも、フェンネルシードの持つ効能である口臭予防や目や肌への効果や相互作用をご存知の方は少ないと思い、今回は『フェンネルシードの効能と相互作用!口臭予防や腫れ目、肌の老化防止に効果大?』 と言う記事を書かせていただきました。

フェンネルシードとそれが持つ効果効能のほどがどれほどのものかに興味はございませんか?

【スポンサーリンク】

フェンネルシードとは何?

まずはフェンネルとは何かをご説明させていただきます。

フェンネルとはセリ科ウイキョウ属の植物で日本語では茴香(ウイキョウ)と呼ばれるもの。古くは古代エジプトやローマでも栽培されていたと言う記録がある歴史上最も古い作物とも言われる植物であるこれの種がフェンネルシードです。

日本でも実は平安時代ぐらいから栽培されており、長野県、岩手県、富山県などで主に栽培され、沖縄では「いちょうば(胃腸葉)」とも呼ばれ、整腸作用のある島野菜として珍重されていたと言う意外と身近な植物でもあります。

フェンネル自体葉っぱから茎からそのほとんどが食用になりますし、フェンネルシードだけで考えてもその用途は甘味と香りを利用して料理やリキュールを造る時に使ったり、効果や効能から薬や健康補助食、時にはエチケット用品のように使われてきました。

このようにフェンネルシードは色々な地方で古くから主にスパイスや薬などとして食べることで効果を発揮するものであるとして使われてきたわけですが、他にも化粧品などにも使われることが今ではあります。

それでは次はそんなフェンネルシードの効能について詳しくご紹介させていただきます。

【スポンサーリンク】

フェンネルシードの効能

フェンネルシードには主に以下のような効能があります。

フェンネルシードの効能

  • 整腸作用
  • デトックス効果
  • 風邪予防
  • 口臭予防効果
  • 目の疲労回復
  • 美肌効果

ざっと挙げただけでもフェンネルシードにはこれだけの効果があります。

フェンネルの最も大きな特徴は「アネトール」と言う成分であり、ちょっと特徴的な味の元となるもの。これがフェンネル独特の香りと味を出すと同時に抗菌作用を持っており、咳止めの効果や消化器官に働きかけることで整腸作用、デトックス、風邪予防、口臭予防などの効果があると言うわけです。

他にもフェンネルには

ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6・ビタミンC・カルシウム・カリウム・マグネシウム・リン・鉄分・食物繊維

などのかなりの種類のビタミンとミネラルが含まれており、これらも先ほど紹介した効果を発揮する理由なのです。

そして食用以外でもフェンネルシードが有効な働きをする例として良く知られているのが目の疲労回復効果と美肌効果。

これらについてはそれぞれもう少し詳しくご紹介させていただきます。

【スポンサーリンク】


 【目の疲労回復効果について】 

フェンネルシードは視力が良くなる効果を持っていると古くから言われてきましたが、当然フェンネルを食べても視力が良くなったりするという効果が得られることはなく、フェンネルが持つ目への影響と言うのはオカルトの類であると言われています。

しかしフェンネルの精油に眼内圧を低下させる効果があったという研究が発表されており、その抗炎症作用によって目の疲労回復効果はあるとされていて、フェンネルシードのパウダーを少量の水と混ぜ合わせてペーストを作り、湿らせた柔らかい布に包み湿布のようにして使ったりすると腫れた目に効果があると言われていたりします。

また他にも炎症を抑える効果があると言うことを利用したフェンネルシードの成分を抽出した目薬と言うのも存在します。

 【美肌効果】 

フェンネルシードは内包している成分だけでも美肌効果があると言えますが、それ以上に化粧品に用いることでより直接的な効果を発揮すると言われているのです。

例えばフェンネルシードは、肌にとって収れん作用が働きますので毛穴を引き締め、油分を減らし、大きな毛穴を縮ませますから肌を引き締め、調整することで肌の弾力性を保てるようになると言えます。

他にも殺菌と抗炎症効果がありますからニキビを予防したり治したりする効果があると言えますし、フェンネルシードの抗酸化物質は健康な肌細胞が酸化、つまり老化することを守ってくれると言えます。

他にも洗顔する時に用いることでディープクレンジング効果で肌の表面にある細菌や死んだ細胞、余分な皮脂などをしっかりと除去できるなどとも言われており、フェンネルシードは肌を綺麗に磨き上げ、肌に養分とうるおいを与え、綺麗に保つ効果があると言えるのです。

加えて言うならばフェンネルシードのアネトールにはガンの予防効果もあり、抗酸化作用のあるケルセチンも含まれているので、抗がん剤を飲んでいる人や放射線治療を受けている人の副作用の緩和に効果があると言う研究もされています。

そしてフェンネルシードはそれ単体で持っている相互作用もかなり優秀です。

フェンネルシードに見られる相互作用

フェンネルシードの相互作用として最も有名なものはエストラゴールという発がん性成分がフェンネルに含まれている成分との相互作用により、その効力が失われることでしょう。

その他にも面白いのはフェンネルの成分自体は消化器官の働きを抑える効果を持っているのに、フェンネルのアネトールの香りは人の食欲を増進させる効果があり、食事が少量でとても満足できるようになる効果があったり、発汗作用と便秘解消の効能の相互作用でデトックス効果が強くなる面もあると言えます。

もっと言うならばビタミンB群も豊富なので高いデトックス効果と合わさることでダイエット効果を持つことがいえるとも言えるでしょう。

こうした相互作用がフェンネルシードにはあるために、フェンネルシードは成分を使ったとか、特定の成分を抽出したものを使うのではなく、フェンネルシードそのものを使った料理を食べたり薬を飲むことがオススメです

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − nine =