アボカドオイルが危険といわれる理由とは?効能や使い方や注意点

アボカドオイルと言うものをご存知ですか?

名前からして分かる人が殆どだとは思いますが、アボカドオイルとは文字通りアボカドの油分を抽出して作ったオイルです。

とは言えそんなことぐらいはアボカド自体が日本ではまだそこまで一般的な食材ではないものの、「森のバター」とも言われることを知っている人は多いかと思いますので、多くの人が想像出来ることでしょう。

問題はこれが実際の所どんな効果効能があり、どんな使い方をするものなのかと言うこと。

様々な美容や健康に良いオイルと言うものが今の世の中で回っていますが、アボカドオイルもその中の1つでして、食用にはもちろんのこと、スキンケアにも高い効果を発揮することからクレンジングやマッサージオイルとしての使い方も出来る優れたオイルと巷では言われています。

しかし、その反対に実はアボカドオイルは正しい使い方や注意点を知らなければ危険だと言う話もあるのです。

そこで今回は日本では知名度が低いアボカドオイルについての効果効能や何故危険だと言われるのかから、正しい使い方や注意点などをご紹介する『アボカドオイルが危険といわれる理由とは?効能や使い方や注意点』と言う記事を書かせていただきました。

知名度が低すぎてまだ殆ど知られていない美容と健康のために良いオイル、アボカドオイルに興味があったりしませんか?

【スポンサーリンク】

アボカドオイルの大まかな特徴

最初にまずはアボカドオイルがどんなものなのかを知らない人も多いかと思いますので、その特徴についてをご紹介させていただきます。

まず言えることとして、素材がアボカドオンリーですから植物性の油であり、主要成分がオレイン酸と言う不飽和脂肪酸であるために、コレステロールが低いオイルであるということが言えます。

更にアボカドの栄養素が豊富に含まれていますから体にもとても良いですし、味や香りにクセが殆どないために、オリーブオイルのように直接オイルだけを食べる場合も抵抗感が薄いです。

その為食用として使う場合には完全にオリーブオイルと同じ感覚で使えるので、普段料理をしないと言う方にでも使いやすく、同じかそれ以上の健康効果を得ることが出来ます。

また食用としてではない目的で使うことも多いのも特徴の1つ

冒頭でも触れましたがスキンケアにも高い効果を発揮しますし、頭皮の保湿・フケ予防の効能が高いことから日本ではむしろ、頭皮マッサージやヘアケアのために使われることの方が多いぐらいです。

マイナスに捉えられがちな特徴としては、まず食用としても使われる油の中ではかなり粘性が高いため、あまり伸びが良くありませんし、ベタベタした感じが強い所があげられます。

使い慣れていない方が髪の毛に良いということを聞き、ヘアケアのためと使いギトギトした感じで強い不快感を感じるなんてことはザラです。

その他にも酸化することでむしろ体に悪いものとなりやすいと言う所や、10℃以下の温度では固形化し始めてしまうので、時期によっては保管に注意が少々必要なことなどがありますが、アボカドオイルは比較的熱に強く酸化もしにくいですし、例え低温で固まってしまったとしても10℃以上の温度で暫く放置しておけば再び液状化しますのでこれらはそこまで大きなデメリットとは言えないでしょう。

アボカドオイルの効果効能

健康や美容に良いと言われるアボカドオイルですが、具体的には特に以下のような効果効能があるとされています。

  • ダイエット効果・生活習慣病予防
  • 血流の正常化
  • 腸内環境改善
  • 美肌効果
  • 頭髪・頭皮の健康促進
  • アンチエイジング効果

何故こうした効果があるかと言いますと以下の通り。

ダイエット効果・生活習慣病予防

「リノール酸」「オレイン酸」などの「多価不飽和脂肪酸」が含まれるアボカドオイルは、中性脂肪を減らす働きがある他にも、悪玉(LDL)コレステロールを減少させたり、することからダイエット効果があるとされています。

その他にも血液がサラサラになることや腸内環境を整える効果効能が、基礎代謝をあげたり運動による脂肪燃焼を促進したり、代謝に関わるビタミンBを含んでいることが、体脂肪を減らす補助効果も期待できると言われており、後に詳しくご紹介します血流を良くする効能から生活習慣予防にも効果を発揮するとされています。

血流の正常化

「多価不飽和脂肪酸」による中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールを減少させる効果に加え、血中の塩分濃度を調整するカリウムが多く含まれているためにアボカドオイルは血流を良くすることで、むくみや肩こり、冷え性などから高血圧や動脈硬化の予防・改善の効能があるとされています。

また多くはありませんが、心臓機能の安定化や血圧をバランス良く保つ効能があるマグネシウムも含まれており、正常な血流の状態を維持する効果もあると言えます。

腸内環境改善

飲食することで腸を活性化させたり、潤滑油のようになって排泄物を排出しやすくする効能があるとされている他、アボカドオイルには食物繊維も多く含まれているため特に便秘に効果的

便秘は肌荒れやにきびなどの原因ともなるものですし、酷くなると血行が悪くなったりや自律神経の働きに悪影響を及ぼすのですが、アボカドオイルなら毎日少量摂取するだけでもこれを簡単に解決してくれると良く言われています。

美肌効果

アボカドオイルは高い保湿力と中々の浸透力を持っており、肌に塗布することで潤いと弾力を持たせる事が出来る美肌効果が期待できるだけでなく、オイルの油の成分が日焼け、火傷などの炎症が生じている肌や、疲労が溜まった肌などのダメージを修復する効果やダメージ軽減効果もあります

飲食することでの腸内環境の改善や血流の正常化なども合わせて考えるとアボカドオイルは総合的に健康で美しい肌にする効能があるとも言えます。

頭髪・頭皮の健康促進

飲食することでえられる効果ではありませんが、アボカドオイルが他の美容と健康に良いとされるオイルに比べて注目されることが多いのがこの効能。

高い保湿力があるためにパサついた髪に潤いを取り戻してくれますし、日焼けやドライヤーなどによる熱のダメージを軽減するのはもちろんのこと、肌と同じようにダメージ修復効果もあります。

また頭皮の保湿効果によりフケ予防や、頭の皮脂に近い成分が含まれているために毛穴に詰まった汚れを浮かすことで落ちやすくし、頭皮を清潔に保つ事が出来て、脱毛・抜毛にも効果があるとされており、頭皮マッサージのオイルやトリートメントとしても使われることもあります。

アンチエイジング効果

腸内環境や血流の正常化効果があることに加え、体の老いに大きく影響する酸化に対抗する力の強いビタミンEをアボカドオイルはオリーブオイルの2倍含んでおりますし、肌や髪と言った年齢を判断する時の材料となりやすいものを健康に保つ効果があるため、総合的にアンチエイジング効果が高いとされています。

特に顔や手などの血流の影響を受け、老けて見えてしまいやすい部分に対しては、アボカドオイルによるマッサージを行うと、予防はもちろんのこと改善効果が多く見られるとのことです。

【スポンサーリンク】

何故アボカドオイルが危険と言われるのか?

これまでご紹介したような特徴があるためにアボカドオイルは注目を集めていると分かっていただけたかと思います。

しかしでは逆に体に悪いと言う話はどこから来たのでしょうか?

筆者も何が悪いのか全く理解できなかったため色々と調べてみたのですが、どうも明確に「アボカドオイルだけが」危険と言う根拠は特にないようです。

しかしあくまでアボカドから抽出された油であるため、オイル全般としてについて言える危険性は確かにあります。

具体的には次のこと。

  • アレルギーを起こす人がいる
  • 過剰摂取は逆効果
  • 抽出法次第で成分や酸化しやすさが変わる

御覧のように少しでも健康のために油に気を使う方にしてみれば当たり前のことばかりです。

例えば植物系のアレルギーをお持ちの方にとってオイルと言うのはかなり危険なもの。

目で見て判断し難いためについつい口にしたり肌に塗って大変なことを起こしやすいものです。

しかしアボカドのアレルギーと言うのはかなり稀だそうで、敢えてアボカドオイルだから危険と言えるほどの事ではないそうです

次の「過剰摂取は逆効果」と言うことも驚くほどのことではないでしょう。

コレステロールが少ない、ダイエット効果があるとは言え油は油ですから沢山摂取すれば当然太ります。

また意外と知らない人も多いのですが、オレイン酸を含むだけでなく食物繊維も多く含まれているためお腹が弱い方はお腹がゆるくなったり、少し多く摂取しただけで下痢を起こすこともあります

その為飲食目的で使う場合は大半の人にとっての適量とされる一食で小さじ一杯を超えると過剰摂取の恐れがあると思っておいたほうが良いです。

最後の1つも油についてはどれにでも言えること。

油の抽出の仕方は色々ありますが、高温での処理があるものは成分的にも失われるものが多く、何より酸化しやすくなっています。

その為低温で時間をかけて抽出する低温圧搾法(コールドプレス)のものを選ぶのが健康のためにはおすすめ

高温圧搾法のものや溶剤抽出法のものですとどうしても高温での処理による影響があり、酸化しやすくなり、トランス脂肪酸の含有量が増えてしまいます

美容や健康に良い物とは言え、以上のことは注意点ですので覚えておいて欲しいと思います。

アボカドオイルのおすすめの使い方

最後にアボカドオイルのおすすめの使い方を簡単にご紹介させていただきます。

まず飲食に使うのにおすすめなのはドレッシングなどの生で食べる方法

特にクセがないため、オリーブオイルよりもメイン素材そのものや香り付けに使ったフルーツやハーブなどの香りを引き立てることが出来ます。

凝った料理もかなり作ると言う方には「アヒージョ」に使ってみるのもかなりおすすめです。

ボディケアオイルとして使うならばやはり折角なので頭皮や髪のケアに使うのがオススメ

具体的な使い方としては以下の通り。

  • シャンプーをする前にアボカドオイルを500円玉程の量手の平に取る
  • ある程度手の温度に馴染ませ、頭皮に揉み込むように指の腹で優しく3~5分程度マッサージ
  • サッと髪全体を軽くなでつけるようにオイルを通す
  • 一度軽く洗い流し、その後シャンプーで仕上げに洗う

毛先など痛みが気になる方には洗髪後にアボカドオイルを髪に付け、髪を梳かしてからドライヤーで乾かすと言うヘアケアに特化した使い方もありますが、筆者としては上記の方法をまず試してみてからべたついているような違和感がなければ、その後試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事