ローズマリーの使い方!料理やアロマ、虫除けにもなるローズマリーの効能とは!

ローズマリーは、トゲトゲしているように見えるたくさんの葉を持ち、小さなお花をいくつもつける植物です。

ハーブの一種であるローズマリーは、お料理に、虫除けに、アロマにとかなり幅広い使い方ができることをご存知でしょうか。

今回はそんなローズマリーはどのように使われているのか、そしてローズマリーの持つさまざまな効能についてご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

ローズマリーの使い方

ローズマリーは「海のしずく」という意味の学名を持っており、これは、ローズマリーのつける小さな花がしずくのように見えることが由来だと言われています。

ローズマリーの使い方

  • 料理
  • 外用
  • 内用
  • 観賞用

消臭や抗菌の効果を持つローズマリーは、古い時代にも、病気の感染予防やお酒や香水、料理の素材のくさみ消しやスパイスなどとして、多様な使い方をされていました。

【料理】

お料理ではそのまま添えられていたり、スパイスとして使われていたりしますよね。

ローズマリーは、肉や魚のくさみ消しに使われます。
スパイスとしては、ジャガイモやカリフラワーなどの野菜と相性が良く、風味をつけることに使われます。

ハーブを使うだけで、独特の香りがついてお料理が一気におしゃれな印象になりますよね。

ローズマリーの風味は、クッキーやケーキなどのお菓子にも使われるのです。
クッキーを作るときに混ぜると、一味違った印象になることでしょう。

【外用】

外用して使うと、リューマチや筋肉痛に効果があるとされます。

【内用】

内用して使うと、消化不良に効果があるとされます。

【鑑賞用】

また、ローズマリーは小さな花をたくさんつけるので観賞用のお花としても人気があり、青、紫、ピンク、白の花を咲かせるものがあります。

ローズマリーで虫除け

ローズマリーを使った虫除けの方法

  • 鉢を置いて虫の侵入を防ぐ
  • 洋服の防虫
  • 手作り虫除けスプレー

ローズマリーの香りは虫が嫌がるので、虫除けの効果があります。
殺虫剤や防虫スプレーなどは体への影響が気になるところですが、天然のハーブを使った虫除けなら安心できますよね。

【鉢を置いて虫の侵入を防ぐ】

夏には蚊の対策が必要になってきますが、ローズマリーの香りは蚊も嫌うので、窓や玄関付近に鉢を置いておくことで侵入を防ぐことができます。

【洋服の防虫】

また、乾燥させてサシェを作り衣類と一緒にしまっておけば、爽やかな香りとともに虫害からお洋服を守ってくれます。

【手作り虫除けスプレー】

ローズマリーを煮出したり、エッセンシャルオイルを使って手作りの虫除けスプレーを作ることもできるのです。
これならいい香りがしますし、小さなお子さんにも安心して使ってあげることができますね。

【スポンサーリンク】

ローズマリーのアロマの効能

ローズマリーのアロマの効能

  • 気分を高める
  • 記憶力アップ
  • 血行を良くするなどの体への作用

爽やかな香りが特徴のローズマリーは、アロマテラピーでもよく使われ、さまざまな効果を得ることができます。

【気分を高める】

落ち込んでいたり、何もやる気が起きなかったりするときに、心を元気にしてくれます。

【記憶力アップ】

ローズマリーの爽やかな香りは頭をすっきりとさせてくれるので、集中したいときにおすすめです。
記憶力をアップさせる効果があるので、テスト勉強のときなどに良さそうですよね。

また、イライラを抑えたり、精神を安定させることの助けになります。
外出先で簡単に効果を得たいときには、ハンカチに数滴垂らして香りをかぐとリフレッシュすることができます。

【血行を良くするなどの体への作用】

血行を良くする効果や、風邪や呼吸器系の病気に効果が期待できるほかに、頭や腰などの痛みを鎮痛する働きや、美肌や若返りにも効果もあるのです。

血行をよくするという効果によって頭皮の血行を良くし、薄毛予防やフケ防止にも効き目があります。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 13 =