甜麵醬とは?家にない場合豆板醤でも代用できる?

51iziS0hBEL._SX385_

甜麵醬(テンメンジャン)という調味料をご存知ですか?

おいしい中華料理が手軽に作れる調味料ですが、毎日使う塩や砂糖のようにいつも常備しておくという方は少ないかもしれませんね。

「時々しか使わない甜麵醬を用意するのは面倒・・・」「家にある豆板醤などの他の調味料で甜麵醬が代用できたらいいのに」そう思っている方はいらっしゃいませんか?

そんな方のために『甜麵醬とは?家にない場合豆板醤でも代用できる?』という疑問にお答えします。

甜麵醬とはどんな調味料なのか、甜麵醬の代用になる調味料についてご紹介しますよ。

カンタンに中華料理を楽しみたい方は是非チェックしてみてくださいね。

【スポンサーリンク】

甜麵醬とは?どんな調味料?

まず、甜麵醬とはどのような調味料なのでしょうか?甜麵醬は中国で料理に使われる味噌で、中華甘みそとも呼ばれる調味料です。

小麦と塩を発酵させて作られたのが始まりですが、現在の中国では大豆を発酵させて作られることも多い調味料で独特のコクと甘味を持ちます。北京ダックに添えられる調味料として有名ですね。

甜麵醬は肉や野菜にそのままつけて食べられることも多いですが、炒め料理などで加熱すると香りが増すので麻婆豆腐やホイコーローの味付けに使われることも多い調味料です。

特に豆板醤と一緒に料理に使われることが多く、豆板醤の辛さと甜麵醬のコクと甘味が辛いだけでなく旨みのある料理に仕上げてくれます。

そのままでも、他の調味料とあわせて使ってもおいしい料理ができる甜麵醬は中華料理にかかせない調味料のひとつなんですね。

甜麵醬は豆板醤で代用できる?

では、同じく中華料理でよく使われる豆板醤で甜麵醬の代用はできるのでしょうか?

豆板醤は甜麵醬と同じく中華料理に使われる味噌系の調味料ですが、大きな違いとして「辛味」があります。

豆板醤は、そら豆や大豆を発酵させたものに唐辛子などを加えて熟成させた調味料ですので、一口舐めてみるとピリピリとした非常に強い辛味を感じます。

麻婆豆腐などでは豆板醤と甜麵醬を一緒に使うことも多いですが、豆板醤だけで作ると辛いだけの料理になってしまいます。

甘味が強い甜麵醬の代用にするには、豆板醤では少し難しいかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

甜麵醬に代用できる調味料とは

では、甜麵醬に代用できる調味料はどんなものなのでしょうか。

実は日本国内で製造販売されている甜麵醬は、八丁味噌と呼ばれる赤味噌をベースに作られているものが多いのだそうです。

ですので、赤味噌小さじ2に醤油と砂糖を小さじ半分ずつを混ぜると甜麵醬大さじ1の代用になる合わせ調味料ができますよ。

赤味噌は甜麵醬と同じように大豆を発酵させて作られる調味料です。そのため甜麵醬の代用にしやすいんですね。

赤味噌がなければ、普通の味噌でも大丈夫です。その場合、味噌自体の甘味が強いことがありますので砂糖の量を調節してくださいね。

ちなみに、豆板醤を代用したい場合は味噌大さじ1にごま油と醤油を小さじ1の割合で混ぜて、一味唐辛子を小さじ半分加えればOKです。

一味唐辛子の量を加減することでお好みの辛さに調節することができますので、激辛が好きな方や辛いのが苦手な方にはオススメですよ。

ただし、甜麵醬も豆板醤も代用の調味料はあくまで似たような味を作るためのもので、全く同じ味にするのは難しいです。

甜麵醬を使おうと思っていたのに買い忘れた、などの場合にご紹介した代用の調味料を使うことをオススメします。

甜麵醬を一度も使ったことのない方は是非一度甜麵醬を使った料理を試してみてくださいね。

馴染みのない甜麵醬を使いきれるか不安なので買わない、という方も野菜スティックなどにディップとしてつけて食べると手軽でおいしく甜麵醬の風味を楽しめますよ。

甜麵醬と代用の調味料で、手軽においしい中華料理を味わってみてくださいね。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × five =