ラーメンのカロリーは塩・醤油・味噌どれが高いの?ダイエットしたい方は必見!

cz054_l
沢山あるメニューからラーメンを選ぶ時に、カロリーを気にするという人は多いですよね。

ダイエットしているときには、特にカロリーが気になります。

ダイエット中、ラーメンがどうしても食べたいとき、カロリーを抑えおいしく食べられたら、つかの間のストレス発散になります。

ラーメンには塩、醤油、味噌、とんこつ、つけ麺などたくさんの種類があります。

今回は、たくさんあるラーメンの中から、どの店に行ってもよく見かける塩、醤油、味噌の三種類の味にしぼって、一番カロリーが高い味付けはどれなのか調べてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

塩・醤油・味噌の中でカロリーが高いのは?

まずは麺や具材は考えず、調味料としての塩・醤油・味噌のカロリーにスポットを当ててみようと思います。

塩はカロリーがゼロです。これは驚きです。

続いて、醤油はどうでしょうか?

100グラムあたり、濃い口醤油で75キロカロリー、薄口醤油で45キロカロリーです。

醤油の種類でもカロリーは違うのですね。

では味噌はどうでしょうか?

味噌は100グラムあたり白味噌で192キロカロリー、赤味噌で186キロカロリーです。

このように比べてみると、塩、醤油に比べて味噌のカロリーがとても高いことがわかります。

調味料として見れば、ダイエット中には塩がおすすめです。

気にするのはラーメンのカロリーだけでいいの?

ここまで、ラーメンのカロリーに焦点を当てて見てきましたが、塩味ならカロリーが低いからたくさん食べても良いのでしょうか?

ラーメンを食べるとき、カロリー以外にも気にしなければならないことがあります。

それは塩分です。

なぜ塩分に気をつけなければならないのでしょうか?

塩分をとりすぎると体内の塩分濃度が高くなります。

高くなってしまった塩分濃度下げようとして体は水分を蓄えます。

体が蓄えよう蓄えようとするので、老廃物も排出されにくくなります。

その状態がむくみです。

体がむくむと体重も増えます。

また、むくみは体内の代謝の低下を招き脂肪は燃焼されにくくなります。

この悪循環で太りやすい体質になってしまうのです。

カロリーだけでなくダイエット中は塩分にも気を付けたいですね。

塩、醤油、味噌で比べると塩の塩分が一番多いので、カロリーは低くてもたくさん食べるのはおすすめできません。

ダイエット中は塩分のとりすぎを避けるために、スープを残すという対策を講じたほうが良いかもしれません。

【スポンサードリンク】

ラーメンのカロリーを高くする具材

ここまでは調味料だけをみてきましたが、具材によってもかなりカロリーは違ってきます。

ラーメンのカロリーの大部分をしめるのは炭水化物の麺です。

230グラムで343キロカロリーですから、ダイエット中の替え玉は控えたほうが良いでしょう。

続いて、チャーシュー60グラムで104キロカロリー。

煮卵78グラムで104キロカロリーとカロリーが高いものが続きます。

ラーメンのトッピングでおいしいものはカロリーが高いですね。

そのほか、もやし40グラムで6キロカロリー、キャベツ20グラムで5キロカロリーです。

みなさんも薄々お気づきかと思いますが、トッピングは野菜がおすすめです。

ダイエット中におすすめのラーメン

では、結論としてダイエット中におすすめのラーメンはどの組み合わせになるのでしょうか?

ここまでをまとめると味付けは塩、トッピングは野菜そして、塩分の高いスープは飲まないというのがダイエット中の理想のラーメンの食べ方です。

【スポンサードリンク】

ダイエット中にどうしてもラーメンが食べたくなったときはぜひ、試してみてください。

合わせて読みたい記事

The following two tabs change content below.
調味料の百科事典

調味料の百科事典

お料理が大好きで、『食』の資格としましては、日本食育協会認定 食育指導士、日本はちみつマイスター協会認定 はちみつマイスター、Kushi Macrobiotics International認定 マクロビ・フード・コンシェルジェ等を取得しております。また、H23~24年日本豆乳協会 豆乳アンバサダーもさせて頂きました( レシピコンテストの受賞経験も幾度かございます)

記事公開日:2016年4月20日
最終更新日:2016年5月22日

カテゴリー:塩系の調味料 醤油系の調味料 味噌系の調味料

サブコンテンツ

このページの先頭へ