ココナッツオイルコーヒーの効果!ダイエットに最適な作り方と飲むタイミングとは?

ココナッツオイルコーヒーのダイエット効果が凄いと言う話を聞いたことはありませんか?

ココナッツオイルの健康効果が注目を浴びてからその効果を得ようと色々な方法でココナッツオイルを摂取している方がいると思うのですが、このココナッツオイルはコーヒーに乳化するまで混ぜて摂取するのが1番でして、ココナッツオイルコーヒーと言うものが特におすすめされるようになりました。

しかし実はこのココナッツオイルコーヒーでダイエットをしたいと言うのならば、飲むタイミングや作り方、何グラム摂取し、それを摂取した上でどうしないといけないのかまできちんと守らねば効果が得られないのです

そこで今回はそんなココナッツオイルコーヒーでダイエットをするための情報をまとめた『ココナッツオイルコーヒーの効果!ダイエットに最適な作り方と飲むタイミングとは?』と言う記事を書かせていただきました。

噂に聞いたからやってみたが、実際に思ったよりもココナッツオイルコーヒーでダイエット効果が出ないと言う方も多いので、是非ともココナッツオイルコーヒーダイエットで効果を出したい方は御覧くださいませ。

【スポンサードリンク】

どうしてココナッツオイルコーヒーでダイエット効果を出せるのか?

まず始めに何故ココナッツオイルと言う植物脂でダイエットが出来るのかをご説明させていただきます。

ココナッツオイルがダイエット効果を出せる理由は、油の60%がラウリン酸であることがその理由でこれにより以下のような特徴があるからです。

  • 分解までが早くエネルギーになりやすい
  • ケトン体を生み出す機能を活性化する
  • 整腸作用

これらを更に詳しくご紹介させていただくと以下の通り。

分解までが早くエネルギーになりやすい

このラウリン酸は中鎖脂肪酸であり、分解されるまでが早く、更にはすぐにエネルギーになりやすいと言う特徴を持っています。

その倍率はバターやラードのような長鎖脂肪酸よりもなんと消化吸収が約4倍、代謝は10倍早いとされていて、明らかに同量の他の油を摂取した時よりもエネルギーとして使ってしまいやすいわけです。

更にこのラウリン酸はエネルギーの代謝を活発にする効果も持ち合わせており、これが既に体についてしまっている脂肪も燃えやすくしてくれるのです。

ケトン体を生み出す機能を活性化する

ケトン体とは体に蓄えた脂肪が分解されて生まれるエネルギー源でして、これがブドウ糖の変わりになるため、これが体内に多くある人はブドウ糖の摂取無しに生きれるようになり、あまりお腹が空かなくなり食事量が少なく出来ると言うわけです。

もちろんお腹が空いていなくても食事を取ること自体は出来ますし、お菓子から油分、ジュースなどの飲み物から糖分を摂取してしまえばあまり意味はないです。

しかし体内にケトン体が一定以上多くなり、体がメインのエネルギーとしてブドウ糖よりもケトン体の方を使うようにまでなれば、脂肪を燃やしやすい体になりますので、そこまでいけば確かに太りにくい体にする効果もあると言えます。

ケトン体の効果により痩せるためには糖質制限が絶対必要であり、ダイエット開始から二週間、炭水化物の摂取量を摂取カロリーの5%にまで抑える必要があると言われています。正直この数字はかなり厳しい数字ですので、かなり本気でなければケトン体の効果による太らない体は作りにくいです。

整腸作用

ラウリン酸には腸の細胞を活性化する働きがあり、ぜん動運動を促進して腸内の消化、吸収、排泄機能の向上効果があるとされています。

またココナッツオイルは当然植物性オイルのため、腸内の中で潤滑油のような役割も果たし、直接的な便秘解消効果も期待できます。

最もこれの効果のおかげで暫くお腹を壊すと方もいます。

以上が主なココナッツオイルのダイエットに発揮される特徴でして、これを如何に活かすかがココナッツオイルコーヒーダイエットのポイントになります。

何故コーヒーとココナッツオイルを合わせるのか?

ココナッツオイルのダイエット効果は分かったけれども、では何故それをコーヒーと合わせてとるのか?

それはコーヒーの持つ健康への効果との相乗効果が見込めるからであり、特にダイエットに関してはコーヒーに含まれる「カフェイン」と「クロロゲン酸」が脂肪の蓄積の抑制効果、さらに糖の生成を抑制しる効果があり、ココナッツオイルのダイエット効果を後押ししてくれるからです。

ちなみにコーヒー単体が持つ他の健康効果は以下のようなものがあると言われています。

  • 眠気の抑制
  • 集中力を高める
  • 片頭痛の沈静作用
  • 便秘解消
  • シワやシミ等の予防

他には単純にコーヒーとココナッツオイルの味や香りの相性が良く、美味しいフレーバーコーヒーとして楽しめるからと言うのもありますし、殆どのココナッツオイルは25℃以下で固形化するものなので、温かいものと合わせて食べるのが良いからと言う理由もあります。

もちろんコーヒーでなくては駄目な理由は、コーヒーの効果の分がなくなるというだけなので、コーヒーが駄目な人は紅茶や牛乳に混ぜて飲んでもココナッツオイルのダイエット効果を得ることは出来ます。

ここまでご紹介させていただいた特徴からココナッツコーヒーが如何にダイエットに利きそうかご理解いただけたと思うので、次からは実際に効果の出せるココナッツオイルコーヒーの摂取の仕方をご説明します。

【スポンサードリンク】

ココナッツオイルコーヒーのダイエット効果を出すポイント

ココナッツコーヒーダイエットは、ココナッツオイルを買ってきてコーヒーに混ぜて適当にそれを飲んでいれば痩せると言うものではありません。

そのためここでは実際にダイエット効果を出すために覚えておかなくてはいけないポイントをご紹介させていただきます。

そのポイントは以下のもの。

  • 同時に糖質制限を心がける
  • しっかりしたココナッツオイルコーヒーを飲む
  • 量は守る
  • 効果的なタイミングで飲む
  • 運動を一定以上行う

糖質制限に関しては上記の【どうしてココナッツオイルコーヒーでダイエット効果を出せるのか?】のケトン体の所で触れましたので、そちらを参考にしてください。

続いてのポイントからはそれぞれ個別に紹介させていただきます。

しっかりしたココナッツオイルコーヒーを飲む

ココナッツオイルをミルクや牛乳を混ぜるようにコーヒーに入れたとしてもうまく混ざりません。

なので効果をしっかりと得る為には、コーヒー1杯に小さじ1杯のココナッツオイルをミキサーやフードプロセッサーで乳化するまで攪拌して作ってください

使うココナッツオイルも出来れば「エクストラヴァージン」と言う混ざり物がないものを使うのがオススメです。

量は守る

ココナッツオイルがダイエット効果があるとは言え、油なので摂取のしすぎは当然逆効果

ダイエット効果をしっかりと出したいのならば、まず摂取量については1日に大匙2杯から6杯までの間。

最初は1日1杯から体調を見ながら、1日3杯くらいにしていくのがベスト

また1杯のコーヒーに対しての最大の量としては大さじ1杯ぐらいが適量です。

効果的なタイミングで飲む

ココナッツオイルコーヒーがもたらしてくれるダイエット効果の中でも、「空腹を感じなくなり、食事量が減る」と言うのがかなりダイエットには効果的。

その為食事を取る、またはいつもお腹がすくような時間の3時間前を目安に飲むことでこそ高いダイエット効果をココナッツオイルコーヒーは発揮してくれるのです。

運動を一定以上行う

ココナッツオイルコーヒーを利用してダイエットを行う方法は、大雑把に言えば「燃えにくい脂肪を少しでも燃やしやすくする方法」に分類できるため、そもそも脂肪を燃焼させる行動が必要です。

食事制限もかかってくるのにその上運動なんて、と思う方もいるかもしれませんが、そこまで激しい運動である必要はなく、毎日総合1時間暑さだけでなく、運動量で汗をかく運動をする程度のものでも大丈夫です。

肉体労働の仕事に従事されている方であればそれで十分ですし、営業職で物凄く歩くと言う方であってもそれだけでかなり違います。

最後にまとめを乗せておきます。

ココナッツオイルコーヒーダイエットについてのまとめ

以下のことがココナッツオイルコーヒーダイエットについて言えます。

  • ココナッツオイル、コーヒー双方にダイエット効果があり、ダブルの効果が期待できる。
  • スタートしてから2週間は糖質制限が必要
  • 継続しての運動も必要
  • 摂取するココナッツオイルコーヒーは最適な分量や作り方を守って作る
  • 食事、またはいつもお腹がすく時間の3時間前に飲むのが効果的
  • 体質改善形ダイエットなので継続してダイエット効果が得られることが多い
  • 総合するとスタートは厳しいが効果も高く、継続してその効果が得られる

以上のことが言えますので興味がある方は是非参考にして試してみて欲しいと思います。

【スポンサードリンク】

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + 5 =